1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫ お彼岸時期の飲食店勤務について思う事

お彼岸時期の飲食店勤務について思う事

飲食店でパート勤務していますが、今日はお彼岸ということもあり、お客様がたくさん来ました。

普段の土日とかにランチのヘルプで勤務してくれるアルバイトの男の子も、平日出勤してくれるパートさんも今日はいなくて、朝の掃除からすでに人が足りない状態でした。

求人募集を店長が出してますが、忙しすぎるのか、1人も面接すら来てもらえない状態です。

そんな状態の中で、昨日と同じくらい「暇だろう・・・。」と出勤しているメンバーで言っていたら、想像とは全く違って、半端なく忙しすぎる状態でした。

売上的にはありがたいのですが、ウェーティングがでるほどのお客様だったので、席までの案内と、オーダーしてもらった料理の提供時間が、スゴく時間がかかってしまいました。

ウェーティングが始まって混雑してきてからのご案内時に、料理の提供時間を「少しお時間頂きます。」と、お客様に伝えていますが、30分以上料理を待っているお客様は、さすがに「まだなの?」と言われてしまいます。

自分がご飯を食べに行って、30分以上待ったら、私も「料理はまだかな?」と思います。

デザートやドリンクなどをオーダーしてくれたお客様にも、提供するまでの時間がかかってしまいましたが、今日は皆優しい対応をしてくれるお客様だったので、スムーズに仕事を進行することが出来ました。

お彼岸やお盆休み、お正月休みなど含めて、毎週土日は忙しいことが多いので、1人でも面接に来て欲しいと思いました。